2012年07月04 | 電気通信技術者法とは

よくIPアドレスから自分の情報を抜かれたなんて話しを聞くことがありますが、現実的には個人が
そのようなことをするのはできないようです。
電気通信事業者法は、プロバイダに利用者の通信などの秘密を守る義務を課せるものです。
よって、よほど大きな事件などで警察に情報開示などを求められない限りIPアドレスが漏れることはないと言えます。

次回はFX業者の求人について解説します。

過去の記事

適職診断で自分に合った職業を探す

北海道のリゾートバイト

おすすめリンク